憧れの結婚に必要不可欠な結婚指輪、これって結局どういうもの?

結婚指輪と婚約指輪の違い

結婚を考え始めて、なんとなく指輪のチラシを見るようになってしまったけれど、ジュエリーの写真にはたくさん指輪があるし、そもそも婚約指輪と結婚指輪ってどう違うの!?と悩む女性はそれなりにいるはず。男性の皆さんでもこの二つの違いが判るかどうか怪しいところです。一般に、婚約指輪はプロポーズをする男性から女性に贈られるもの。結婚指輪は結婚を誓い合った男女が結婚式で交換し、結婚生活中ずっとはめているものです。すなわち、結婚指輪との付き合いは、不幸なことがない限り一生、ということですね。

婚約指輪は給料の3か月分!?

婚約指輪は給料の3か月分!と昔はよく言いました。これは、1970年代ごろに流行ったキャッチコピーです。男性にはかなり大変な話ですね。では実際、婚約指輪には給料の3か月分を費やさなければプロポーズしてはならないのか、と言われるとそうではありません。当時と今では物価も違いますし、当時の給料の3か月分と言うと、現在の給料の1か月分になります。ですが、当時このフレーズが流行った裏にはプロポーズと結婚の後自分にもしものことがあったらこの指輪を売って生活してくれという願いも込められていたと言いますし、二人の将来のことを考えたらそれ相応の値段の婚約指輪が必要かもしれません。結婚指輪に関しては、明確にいくらと決められてはいません。しかし、生涯身に付けるものですから、錆や劣化が気になるもの。思い出に傷をつけないためにもジュエリーショップなどでは、耐久性がよく、さらに高価なものをおすすめされると思います。彼の、もしくはお互い財布の余裕を見ながら選ぶのがいいかもしれませんね!

婚約指輪って、結局いつつけるの?

婚約指輪はもらったその日からつけて構いません。しかし、先ほど述べた通り結婚指輪は結婚してから基本的に毎日つけます。それでは、婚約指輪は結婚までしかつけられない、せっかく高い指輪をもらったのにもったいない!と思う女性もいるでしょう。しかし、心配いりません。最近では、もらった婚約指輪と同時に付けられるようなデザインの結婚指輪も登場しています。また、そんなの嫌だ指輪は一つしかしたくない!という女性は他にも解決法があります。結婚前の、お付き合いしている彼にこっそり、私もらうとしたら婚約指輪じゃなくて婚約のネックレスがいいな。それなら結婚指輪と一緒にずっとつけてられるしなどとつぶやいてみることです。婚約に際しかわされる品は、指輪に限定されているわけではありません。もっと言えば、婚約指輪等なにも渡さなくても結婚自体は出来るのです。しかし、そのつぶやきのせいでずうずうしい女だと別れられることもあるかもしれないので自己責任でお願いします。結婚というのは信頼等、二人の様々な関係の上で成り立つものです。結婚が間近のお二人は、婚約指輪そして結婚指輪のことについてじっくり話し合ってみてはいかがでしょうか。

結婚を決意した男女間でお互いに贈り合う指輪が結婚指輪です。通常ペアリングであり、結婚式での誓いの場でお互いの指にはめ合うことにより交換されます。夫婦となった後も日常的にはめて生活するのが一般的です。