知って置こう!機械式時計の基本的な保管方法や使い方の注意点!

機械式時計を置く際の向きや、保管に適さない場所

憧れの機械式時計を手にしたら、なるべく長く使い続けたいものです。機械式時計の使用や保管には日々の暮らしの中で幾つか気を付けなければならない条件があります。基本的に機械式時計を保管する向き(横縦)に制限はありませんが、使用中に少しの間だけ機械式時計を置きたい場合など、リューズ(時計の側面にある突起)は傷つけてはならない部品のため、リューズを下向きにする横置きは避けて下さい。また直射日光が当たる場所や落下の恐れがある安定しない場所、高温多湿は機械式時計の保管や置く場所として適しません。

磁気に弱い機械式時計

機械式時計は磁気に弱い性質があります。このためスピーカーやテレビ、電気シェーバーなどの磁気を発生させる家電製品の近くには置かないで下さい。またパソコンやスマートフォンなども例外ではありません。仕事などで用いられる機器のためつい忘れがちになりますが、利用の際は機械式時計をはずすことを心掛けましょう。機械式時計を構成している部品は金属製で微細なものが多いため磁気を帯び易い性質があります。特にゼンマイの振動に影響を及ぼすため、機械式時計が精度を保てなくなります。

ゼンマイの巻き上げ作業を行う方法

機械式時計はゼンマイの巻き上げ作業を行うことで時を刻み続けます。一日に一度の頻度が勧められ、朝など毎日同じ時間帯で作業を行って下さい。ゼンマイの巻き上げ方は、時計回りに回して逆の方向へ回すのを繰り返し、ゼンマイを巻く感覚がグッと重くなったら作業の終了です。それ以上巻き上げてしまうと故障に繋がるので注意しましょう。また自動巻き式の機械式時計でも、止まっていた場合はゼンマイを巻きます。止まっている自動巻き式の機械式時計を振り回すのは弊害が起きる可能性があるため避けて下さい。

祖父から孫まで三代のデザイナー、ダミアーニ一族の作るジュエリーはイタリアらしい洗練されたもの。ダイヤモンドジュエリーが特に有名です。女性用高級時計にも卓越した技術が発揮されています。